ジュランツ

ジュランツトライアルセット

 

 

 

 

 

高須クリニック 美容皮膚科医の高須英津子先生が開発したドクターズコスメ【ジュランツ】は肌が本来持っている、細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)という機能を高めることに着目したスキンケアコスメです。

 

 

・シミ、くすみ、たるみ、シワが気になる方 ・ニキビ肌・敏感肌でお悩みの方 ・エイジングケアを意識している方へおすすめ

 

 

細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)という機能を高めることを考えました。こだわったのは、肌細胞の再生を活性化するEGF、 FGF、IGFという3つの成分です。

 

 

 

 

 

 

 

EGF、 FGF、IGFとは・・・・・

 

 

 

◎EGF (上皮成長因子)

 

ノーベル生理学・医学賞を受賞したEGF。EGFは人間の体内にある成分ですが、年齢と共にどんどん減少

 

◎FGF (繊維芽細胞増殖因子)

 

FGFはお肌にとって重要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす成長因子

 

◎IGF (インスリン様成長因子)

 

成長ホルモンの機能に似た増殖因子で、EGF、FGFの効果を高める働き

 

 

 

 

【ジュランツ】についてまずはお得なお試しトライアルセットからお試しください。

 

 

 

 

 

ジュランツ基本ケアアイテム +  スペシャルケア

 

 

 

トライアルセットの内容

 

 

 

◎潤いクレンジング
クリームクレンジング……9g
強くこする必要なくスルッとお肌になじむので、必要な水分や油分を奪いません
◎角質クレンジング
リファイン クレンジングオイルEX……23ml
3GF配合で潤いながらクレンジング。なめらかな感覚で強くこすらずに素早くメイクオフ

 

◎パーフェクト洗顔
アクアウォッシュ……9g
紫根エキス配合で、きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れもすっきり落とす

 

◎洗顔後の整肌
セルコンディショニングローション……23ml
3GF、ビタミンA誘導体などを贅沢配合した究極の拭取り兼導入化粧水・キメの整った滑らかな柔肌へ。

 

◎保湿化粧水
リファイン リッチローション……23ml
肌の弾力や保湿力をつかさどる成分を配合し、一日中乾かない快適な肌環境へ

 

◎うるおいラッピング
リファイン エマルジョン……5ml
EGFを高濃度で配合、なめらかに肌になじみ、肌の上の角質層をうるおいで満たすアイテム

 

◎パウダー状美容液
ホワイトパウダーEX……3個
新型ビタミンC誘導体APPSとTPNaをダブルで配合したパウダー状美容液

 

◎高保湿美容液
セラリッチミルク……5ml
セラミド高配合4.25%のスペシャル美容液。ふだんのお手入れにスペシャルケアとして

 

◎黄金美容液
ゴールドセラム……5ml
金と白金、3GFを贅沢に、トリプル配合。さらに「奇跡のリンゴ」として話題のリンゴ果実培養細胞エキスも配合した、極上黄金ケアエッセンス。

 

◎ハリ弾力美容液
ウルトラセラムU……5ml
レチノール配合で、この1本で肌ダメージをトータルケア。ジュランツ人気の美容液

 

◎美容クリーム
リファイン リッチクリーム …3g
新型ビタミンC誘導体「APPS」と3GFを贅沢に配合したジュランツ至上最高峰のクリーム

 

 

 

 

 

気になるお値段は!!特別価格です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターズコスメ【ジュランツ】 詳細はこちら

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアガイド

肌の実情は個人個人それぞれで、同様になるはずもありません。オーガニックな化粧品とコスメと美白化粧品のお互いの良さを取り入れ、現に使用してみて、それぞれの肌に不可欠なスキンケアを探し出すべきです。
効果を考えずに行なっているスキンケアである場合は、活用中の化粧品に限らず、スキンケアの手法そのものも顧みることが大切ですね。敏感肌は外気温等の刺激に左右されるのです。
ボディソープにしてもシャンプーにしても、肌にとりまして洗浄成分が必要以上に強力だと、汚れもさることながら、お肌を防護する皮脂などがなくなってしまい、刺激に弱い肌になることは間違いありません。
洗顔を行なうことで汚れが泡と共にある状況だったとしても、すすぎが不完全だと汚れは残ったままだし、尚且つ除去できなかった汚れは、ニキビなどの元凶になります。

 

24時間の中で、皮膚のターンオーバーが活発になるのは、午後10時ごろ〜午前2時ごろまでということがわかっています。ですから、該当する時間に目を覚ましていると、肌荒れの誘因となるのです。
ニキビを何とかしたいと、気が済むまで洗顔をする人がいらっしゃいますが、行き過ぎた洗顔は必要最低限の皮脂まで取り除いてしまう可能性があり、一層状態が悪くなるのが通例ですから、気を付けるようにしてね。
何処の部位であるのかや体調面の違いにより、お肌の状況は結構変わると言えます。お肌の質は常に同一ではありませんので、お肌の実態をしっかり理解し、役立つスキンケアを実施するようにしてください。
力任せに角栓を取り除こうとして、毛穴の付近の肌にダメージを齎し、最終的にニキビなどの肌荒れに結び付くのです。気になったとしても、粗略に掻き出そうとしてはダメ!
眉の上とか耳の前部などに、知らない間にシミが生まれることがあるのではないでしょうか?額一面に生じると、信じられないことにシミであることに気付けず、処置をせずにほったらかし状態のケースも。
忌まわしいしわは、大概目に近い部分から出現してきます。その要因として指摘されているのは、目の周囲のお肌が薄いので、水分の他油分も充足されない状態であるからだと言われています。
普通の医薬部外品と言われる美白化粧品は、効果が早く出るシミ対策商品となりますが、お肌に余分な負荷を与えることも想定することが大切でしょうね。

 

パウダーファンデーションであっても、美容成分を含有している製品がいっぱい販売されているので、保湿成分が入っている商品を購入すれば、乾燥肌で苦悩している方も救われるのではないでしょうか?
少々のストレスでも、血行だったりホルモンに悪影響を及ぼして、肌荒れを発生させてしまいます。肌荒れを望まないなら、極力ストレスが皆無の暮らしを送るように気を付けてください。
皮脂には外敵から肌を護るだけでなく、乾燥を抑制する機能があると言われています。とは言うものの皮脂が多く出ると、固くなった角質と合わさって毛穴に入り、毛穴が大きくなってしまうのです。
お肌の現状の確認は、寝ている以外に2〜3回行なうようにしてください。洗顔をすることで肌の脂分もなくなり、潤いのある状態になりますから、スキンケアには洗顔前のチェックが重要なのです。

 

皮脂には悪影響を及ぼす外敵から肌を護り、潤いをキープする力があります。しかしながら皮脂が大量になると、固くなった角質と合わさって毛穴に入り込んでしまい、毛穴が目立つようになります。
乾燥肌や敏感肌の人からして、どうしても留意するのがボディソープではないでしょうか?そのような人にとりまして、敏感肌専用ボディソープや添加物なしのボディソープは、欠かせないと断言します。
食すること自体に目がない人や、大量食いをしてしまうといった人は、常日頃食事の量をコントロールするようにするだけで、美肌になれると言われます。

 

美白化粧品といいますと、肌を白くするように機能すると想像されがちですが、実際のところはメラニンが作り出されるのを制してくれる役割を担います。ということでメラニンの生成とは別のものは、本当のところ白くすることは無理です。
お肌の下の層においてビタミンCとして好影響をもたらす、ビタミンC誘導体が含有されている化粧水は、皮膚の油分を制御することが分かっていますから、ニキビの事前予防が可能になります。
ニキビと称されているものは、尋常性ざ瘡と呼称されている皮膚の病気というわけです。普通のニキビとかニキビ跡だと無視しないで、いち早く有効なケアをすべきです。
目の下に出ることが多いニキビないしはくまというような、肌荒れの主だった原因になるのは睡眠不足であるのは間違いなさそうです。すなわち睡眠に関しては、健康のみならず、美しく変身するためにも大切な役割を担うのです。
ファンデーションを手を抜かずに洗って落としたいが為に、オイルクレンジングを用いる方が見受けられますが、知っておいてほしいのはニキビや毛穴で悩んでいる方は、用いないと決める方がベターです。
市販の医薬部外品と分類されている美白化粧品は、結果が期待できるシミ対策製品とされていますが、お肌に度を越した負荷が齎される危険も頭に入れることが要されます。

 

紫外線に関しましてはほぼ毎日浴びることになるものですから、メラニン色素が産出されないことはないわけです。シミ対策をする上で重要になってくるのは、美白成分を取り入れるといった事後の手入れというよりも、シミを生成させないように留意することなのです。
調べてみると、乾燥肌に苛まれている方は予想以上に増えてきており、そんな中でも、40歳前後までの若い女の人に、そのような流れがあるように思われます。
期待して、しわを取り除いてしまうことは困難だと言わざるを得ません。かと言って、少なくしていくことはいくらでもできます。これについては、日頃のしわへのケアで結果が出るのです。
冷暖房機器が普及しているための、家の中の空気が乾燥する状況になり、肌も乾燥することでプロテクト機能も悪くなり、大したことのない刺激に普通以上に反応する敏感肌になっている人がほとんどだそうです。
洗顔を行なうと、肌の表面にいる筈の重要な作用をする美肌菌までをも、取り除かれてしまうとのことです。過剰な洗顔をしないようにすることが、美肌菌を生き続けさせるスキンケアになると教えられました。
ホルモン量の異常や肌がたるんだことによる毛穴の目立ちを何とかしたいと思うなら、ライフスタイルを見直すことが重要です。それがないと、高い料金のスキンケアをやっても無駄になります。

 

肌が痛い、少し痒い、ブツブツが目につく、これと同様な悩みで苦しんでいないでしょうか?もしそうだとしたら、最近になって患者数が多くなっている「敏感肌」になっていると考えて間違いありません。
しわというのは、通常は目を取り囲むように見られるようになります。その要因は、目に近い部位の肌は薄いが為に、水分のみならず油分も充足されない状態であるからだと結論付けられています。
ボディソープをチェックすると、界面活性剤入りのものが目につき、肌をひどい状態にすることが想定されます。その上、油分が入ったものはすすぎ残し状態になることが多々あり、肌トラブルになる可能性が高くなります。
メラニン色素が停滞しやすい潤いのない肌状態だとしたら、シミが発生すると考えられています。あなたの皮膚のターンオーバーをレベルアップさせるには、ビタミンとミネラルが必須だと言われます。
毛穴が大きいためにブツブツになっているお肌を鏡でのぞき込むと、自分自身が嫌になります。そして手入れをしないと、角栓が黒っぽく変容して、たぶん『直ぐ綺麗にしたい!!』と嘆くでしょう。

 

敏感肌に苦しんでいる人は、防御機能が低下しているのですから、その代りをする製品は、言う間でもなくクリームになるでしょう。敏感肌に効果のあるクリームをセレクトすることが重要ですね。
はっきり言って、乾燥肌につきましては、角質内に保持されている水分が充足されていなくて、皮脂の量自体も不足気味の状態です。干からびた状態でシワも多くなり、外的要因に左右されやすい状態だということです。
洗顔した後の肌表面から潤いが取られると同時に、角質層中の潤いまで失われる過乾燥になってしまう危険性があるのです。できるだけ早急に、適正に保湿に取り組むようにしなければなりません。
できて時間が経っていないやや黒いシミには、美白成分が効果を発揮しますが、古いモノで真皮にまで届いているものは、美白成分は本来の役割を果たせないと考えるべきです。
よく見聞きする医薬部外品と称される美白化粧品は、早い効能が望めるシミ対策製品ではありますが、お肌に無駄な負荷を受けることになることを頭に入れておくことが不可欠です。
ここにきて年を積み重ねるたびに、厄介な乾燥肌に見舞われる方が増える傾向にあるそうです。乾燥肌に陥ると、痒みとかニキビなどの心配もありますし、化粧映えの期待できなくなって陰鬱そうな感じになってしまうのです。
お肌の取り巻き情報から通常のスキンケア、症状別のスキンケア、また男の人のスキンケアまで、広範囲にわたって平易にご説明します。

 

肝斑というのは、皮膚の中でも最下層の基底層の一部である色素形成細胞の中にて生じるメラニン色素が、日焼け後に増え、表皮の内に停滞することで現れるシミのことなんです。
人目が集まるシミは、誰でも気になる対象物ではないですか?できるだけ何とかしたいなら、そのシミにマッチした治療法を採り入れることが要されます。
毛穴の詰まりが酷い時に、各段に推奨できるのがオイルマッサージではないでしょうか。何も値の張るオイルが必要ではないのです。椿油でもいけますしその他オリーブオイルで十分効果を発揮してくれます。